保育園探し、両立の悩み、家事、育児など、ワーキングマザー働くママの生活を幅広くサポート!

ワーキングマザーガイドブック TOP >> こんな時どうした? >>赤ちゃんの沐浴(沐浴剤でのお風呂の入れ方)

赤ちゃんの沐浴(沐浴剤でのお風呂の入れ方)

2008年10月27日

入院中、看護婦さんに教えてもらいながらの沐浴は石けんでの沐浴でした。
でもツルツル滑って落っことしそう。。。そんな私の不安が伝わるのか、子供は大泣き。。私も泣きそうになりながら、沐浴させました。

そんなこともあり、私は石けんでの沐浴は慣れてからにしようと思い、沐浴剤をつかってました。
せっけんの方が、汚れはよく落ちるようなのですが、赤ちゃんをお湯に落とすよりは、滑りにくい沐浴剤を選びました。
とても楽ですし、なによりもヒヤヒヤせずにお風呂に入れられるので安心でしたよ!!

沐浴剤でのお風呂の入れ方

①40度前後のお湯に沐浴剤を入れる

②沐浴剤を入れたお湯でガーゼを濡らし、適度に絞ってから、顔をふいてあげます。

③服を脱がせて、ガーゼを体の上にのせて、耳のうしろから餃子のような形におさえます。

④足からゆっくりお湯にいれます。

⑤お湯に浸したカーゼで、頭・手足・首などを洗います。

⑥赤ちゃんをひっくりかえして、首・背中・おしりも洗います


⑦洗い終わったら、上を向かせて、少し温めてあげます。

⑧沐浴剤はすすぎや上がり湯が必要ないので、お湯から上げて、タオルで拭いたら終わりです


ねっ!楽でしょ!!
慣れるまではムリしないで、親も赤ちゃんも安心してできる方がいいと思いますよ!







前の記事:« 子供の眠りはさまざま。
次の記事:お七夜(おしちや)・名付け祝い(命名の儀) »

コメントする

当サイトは、Yahoo! Japan[ワーキングマザー]・Excite[仕事/女性向け]・All About[ワーキングマザーのキャリア]に登録されています。
免責事項:ここに記載してあるすべての情報のご利用・観覧については自己責任でお願い致します。
当サイト内の内容・画像の無断複製・転記・転用はおやめください。