保育園探し、両立の悩み、家事、育児など、ワーキングマザー働くママの生活を幅広くサポート!

ワーキングマザーガイドブック TOP >> 子どもの健康・病気 >> 小児科選び >>上手な薬の飲ませ方

上手な薬の飲ませ方

2009年3月10日

薬について

病気は子ども自身の身体が闘って治すもので、薬はその手伝いをしてくれるものです。
症状にあわせて薬を出してくれているので、自己判断で飲ますのをやめてしまうのはやめましょう。
なにか子供に変化があった場合は医師との相談の上、薬を変えてもらうなどしましょう。
もらった薬がどんなもので、なぜ必要なのか説明をしてもらい、納得して使うことが大事だと思います。


薬の上手な飲ませ方

子供の薬は甘めで飲みやすいように作られていますが、やっぱり子供によっては薬の味が嫌いな子もいると思います。
「うちの子は薬を飲ませるのに苦労するわ~」っていうママもけっこういるんじゃないでしょうか・・


粉薬の場合

・一回分の薬と少量の水をまぜて、上あごやほっぺの内側に塗りつける

・好きなものに混ぜて味をごまかす
アイスクリーム・ゼリーなどがいいようです。今は、おくすりのめたねなどの粉薬を包んで飲む事のできるゼリーもあります。
ミルクは絶対ダメです(ミルクが嫌いになって飲まなくなることもあるので・・)
混ぜてはいけないものや、柑橘系のジュースなどは苦くなる薬もあるので、医師に相談してみてくださいね。


シロップの場合

・スポイドで少し奥の方に流し込む

・少し水で薄めて飲ます


両方(粉薬とシロップ)の薬の場合

・シロップに粉薬をまぜて飲ます
薬によっては、まぜるとききめがうすくなるなどもありますので、必ず医師か薬剤師の方に聞いてみてください。うちの子供はよく、まぜてはいけないという薬がでました。









前の記事:« 小児科はどうやって選んだらいいの?
次の記事:熱がでたとき »

コメントする

当サイトは、Yahoo! Japan[ワーキングマザー]・Excite[仕事/女性向け]・All About[ワーキングマザーのキャリア]に登録されています。
免責事項:ここに記載してあるすべての情報のご利用・観覧については自己責任でお願い致します。
当サイト内の内容・画像の無断複製・転記・転用はおやめください。