保育園の選び方から保育園生活まで。働くママ・これから働きたいママのお助けサイト。

ワーキングマザーガイドブック TOP >> 保育施設 >> 認可(認可外)保育所と認可外保育園 >>無認可(認可外)保育所とは。特徴など

無認可(認可外)保育所とは。特徴など

2012年11月30日

無認可(認可外)保育所とは

国や自治体(市区町村)が定めた一定の基準を満たしていない(保母さんの数・施設など)ために、国や自治体から認可されていない保育所のことです。

一般的には認可保育所以外の保育施設はすべて「無認可(認可外)保育所」とされています。

 

 

無認可(認可外)保育所の特徴

設備が不十分な場合が多いのですが、無認可(認可外)保育所は個人や民間業者が運営していることが多く、保育時間の融通の利くところもあり、柔軟な対応をしてもらえたりもします。

また認可保育所に入園するには、「保育に欠ける」と判断されなければならないので、入園できず困っている保護者の方が多いのですが、その場合でも無認可(認可外)保育所には入園できます。

また、「保育に欠ける」と判断してもらっても、待機児童が多いと、なかなか認可保育園に入園する事は難しいと思われます。そのような時に助かるのが、無認可(認可外)保育所です。

無認可(認可外)保育所は、働くママにとって非常に重要な役割を担ってると言えると思います。

 

 

無認可(認可外)保育所の保育料

無認可(認可外)保育所は個人や民間業者が運営しているため、保育所によって保育料もバラバラです。

一般的に、認可保育園に比べ高額な場合が多いので、事前によく調べておきましょう。

 

 


次の記事:まずは情報収集しよう! »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmgb.net/mt4/mt-tb.cgi/676

コメントする