保育園選びで失敗しない見学のポイント。後悔しない保育園の選び方とは。

保育園
子供を産んでからも仕事を続けたいと思ったら、考えないといけないのが預け先です。

条件(通園距離や保育時間など)に合うところを探さないといけません。

まず、市区役所などに窓口があると思いますので、聞いてみましょう。
その市区町村にある保育園の情報がわかります。
所在地・保育時間・受け入れ年齢・定員などの情報が得られると思います。

近くに保育所があれば直接電話などをして聞いてみてもいいと思います。
住んでいる地域の広報誌などにも入園時期になると、情報が得られる場合もあります。

情報が手に入ったら、どんなとこなのか見ておきたいですよね。
後悔しない保育園の選び方のポイントを紹介します。

Sponsored Links

情報収取したら、見学してみよう!

保育園ってどんなとこだろう。うちの子は大丈夫かしら・・・、など気になるとこですよね。
そんな時は、見学をさせてもらいましょう!

候補の保育園が見つかったら、見学をさせてもらえるか、保育園に電話してみましょう。
保育園に「見学したい」という連絡をいれると、ほとんどの所が見学させてもらえると思います。
普通は、「いつでもどうぞ」と言ってもらえる所が多いようです。

連絡もせず突然行って・・というのは避けましょう。お昼寝の時間だと、子供の様子は見ることができないですし、食事の時間は、先生達もバタバタしています。
やっぱり、電話をしてアポイントをとっておく方がいいと思います。

Sponsored Links

保育園の見学ポイント

保育園の見学のポイント3つ

施設はきれいで安全か

施設が新しい、古いは関係ありません。
掃除がよく行き届いているか、階段や子供が遊ぶホールなどに物を置きっぱなしにしていないか、など、子供が安全に気持ちよく過ごせるかどうか見ておきましょう。

保育園の雰囲気

先生や子供が楽しそうに過ごしていますか?
先生は叱ってばかりいませんか?
室内の張り紙や壁紙など子供が安心できるような色使いをしていますか?

雰囲気というのは、なんとなく室内に入るとわかるものです。
室内に入ると先生方の工夫で、パッと明るい雰囲気づくりをしているところは、子どもものびのびしています。

保育時間

急に残業になった時の為の延長保育があるか、など、保育時間を確認しておくとよいでしょう。

Sponsored Links

時期的に見れるのなら行事などをみておく

時期があうのであれば、運動会の様子や水泳の様子など見ておくといいと思います。
子ども達はのびのびしているか、楽しんでいるかなど見てみましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です