母乳が出ない。悪い母親だと自分を追い込んだ最初の育児の悩み。

母乳が出ない。悪い母親だと自分を追い込んだ最初の育児の悩み。
「母乳で育てた子はミルクで育てた子よりも体が丈夫」
などとよく聞きます。
母乳が出る人はいいけれど、出ない人はどうすればいいんでしょうか。。。

どんなに努力をしても、どうしても出ない・・・
母乳で育てたい・・
多くの女性は母親になったら思う事だと思います。私もその一人でした。
それが私の最初の育児のつまづきでもありました。

Sponsored Links

子供を産んだら、普通に母乳は出るものだと思っていたけれど。

赤ちゃんの栄養の為にも母乳が一番だと聞いてましたし、自分もほかの人みたいに母乳が出るものだ、となぜか漠然と思ってました。
私は産休しかとらず、仕事にも復帰予定でしたので、保育所にも、母乳を冷凍保存して持って行けば飲ませてもらえるとの確認もとっていました。

母乳で育てると、職場でもおっぱいがはったりしてしんどいよ、と先輩ママ達は言ってましたが、それでも母乳で育てようと思ってましたというか、母乳で育てないといけないと思ってました。

私の場合、帝王切開だったので、1週間後に出産したママと一緒に病院で授乳をしたのですが、そのママは母乳がたくさんでて、出すぎて困る感じだったのですが、私はと言うと無理やり搾り出すけれど少し・・という状態でした。

たくさん母乳が出るママとの授乳は、かなりプレッシャーで、部屋でもマッサージしたりしてなんとか・・と必死でした。
わたしのように母乳が思うようにでない、それがプレッシャーにもなり、母乳が出ないママの最初の育児の悩みでもあります。

家に帰ってもぜんぜんでなくて、搾乳機をつかってやってみたりもしました。
でもぜんぜん出ない。
赤ちゃんにおっぱいをくわえさすと刺激されて出るとも聞いたのでやってみました。

赤ちゃんはおっぱいを吸うけれど、出ないおっぱいをいつまでも吸ってはいません。おなかがすいたと、のけぞって泣いて嫌がります。
それでも、ミルクの方が断然多いのに、なかなかわたしは母乳で育てたい思いを捨てきれないでいました。

Sponsored Links

看護士さんの言葉に救われる。私は悪い母親じゃないんだ。

いつまでも「なぜ出ないの」「赤ちゃんももっとがんばって吸ってよ」とイライラ・カリカリしてました。
だからでしょうね、少しは出ていた母乳も最後にはまったく出なくなってました。

すがる思いで、産婦人科の看護士さん(入院中母乳のマッサージを教えてくれた方)に
「せっかく教えてもらってマッサージしたりしたけれど、母乳がでなくなってしまいました。」と泣きながら言ったんです。

そしたらその看護士さんが、
「母乳で育てるのはいいことだけれど、ただただ母乳をあげるということがいいわけじゃなくて、あげている間のスキンシップが赤ちゃんには大切なことなんだよ」

「あなたがストレスになってくよくよしている事が、赤ちゃんにとっていいことじゃないでしょ」

と言ってくれました。

その言葉で救われたような、ほっとしたような気持ちになったのを今でも思い出します。力がスッと抜けた瞬間でした。

Sponsored Links

今だから言える母乳育児とミルク育児について

母乳をあきらめるという選択をして思う事は、

「大切なのはなにかにこだわることではなく、赤ちゃんの様子を見て、一番いい道を選ぶこと」

だという事です。

こだわりすぎて子育てをストレスに感じる、楽しくない、なんてことになるのは寂しい事です。

育児はこれからもず~と続いていくもの・・ここでつまづく事がこれからの赤ちゃんとの生活でいい影響があるとは思えないのです。

母乳がでなくてストレスに感じているのなら、
「ミルク育児でも母乳育児に負けないくらいの愛情とスキンシップで育てていきましょうよ。。母乳にこだわる必要はないんだよ。」
といってあげたいです。

ただ誤解して欲しくないのは、母乳で育てる事はない、とか、ミルク育児をしなさい、と言っているわけではありません。

赤ちゃんとママにとっていい関係ができるのなら、母乳でもミルクでもどちらでもいいと思うからです。
子供はスクスクと育ち、ママが「笑顔」でいられるのなら。。

子供は「ママの笑顔が一番好きなんだから」と私は思っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です