つらかった!赤ちゃんの夜泣き

つらかった!赤ちゃんの夜泣き

「わかったから、そんなに泣かないでよ。」
「なにがイヤなの?!」
「お願いだから、泣き止んでよ。」
「いい加減に泣き止んでよ。」
「いつまで泣いてるの!!もう知らない!!」
「わたしになにしてほしいのよ!」

私の子供がまだ赤ちゃんの時、毎晩言っていた言葉です。

Sponsored Links

なんで泣くの?夜泣きの原因を知りたい。

どうして泣いているのか原因が知りたくて、お腹がすいてないか、おむつが気持ち悪くないか、と原因を探し回って、でもわからなくて、自分も一緒になって泣いたこともあります。

夜泣きは「お腹がすいて泣く、なにか不満があって泣く、など、原因があって泣くものは夜泣きじゃない」ということ。
ということは、「原因はなくただ泣く」のが「夜泣き」なんだそうです。

それがわかってから少し気が楽になったというか、しょうがないんだ、仕方ないんだ、と思えるようになったんです。

でもやっぱり、夜寝られないのはつらい。そんな時は気分転換をしてあげるといいようです。

Sponsored Links

夜泣きに原因はない!寝られるときは、思い切って寝る!

揺らす

わたしがやったのは、ドライブでした。抱っこしてもなにしてもダメな時は、車に乗せて近くをドライブ。
揺れが眠りを誘うのかこれで、100%寝てくれました。
車がないお家では、散歩がいいそうです。

音、音楽を聞かせてみる

メリーや携帯の着信音など音楽を聞かせるといいようです。

休みの前の日はダンナさんにバトンタッチ

平日はママ、休日の前はパパにお願いして、少しゆっくりさせてもらいましょう。

家事はちょっと置いといて赤ちゃんと一緒に寝てしまう

赤ちゃんの寝ている時間に家事をしたい気持ちはわかりますが、昼も夜も起きていては、ママが倒れてしまいます。

ここは思い切って、赤ちゃんと一緒に寝て、起きている時間に家事をしましょう。
ごはんの準備ができないと悩まないで。
今は通販で温めると食べられるものや、時にはお弁当とかでもいいじゃないですか。
思い切って寝ちゃいましょう。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です