【我が子の病気遍歴】汗っかきの子どもの「あせも」予防と対策

赤ちゃんのあせも対策
うちの子供は汗かきで、ちょっと動いただけで、ダラダラ汗が出てました。
子供ってそんなものかもしれませんが、すぐかきむしってしまって首の周りは傷だらけ。
ひっかいて、「とびひ」になってしまったことも、よくありました。

赤ちゃんの背中や首にあせもができてしまったら、「かゆくないのかな」「肌が荒れたらどうしよう」などと心配してしまうのが親心。
そんなときはきちんとケアをして、早く治してあげたいですよね。
あせもの原因や対処法、病院へ行く目安などを紹介します。

Sponsored Links

あせもの原因は?

赤ちゃんは大人に比べて、新陳代謝が活発です
汗をかいた後に、汗の拭き取りや着替えをせずそのままにしておくと、汗の出口が詰まって、汗が外に出ずに溜まって炎症を起こします。
頭、おでこ、首の周り、わきの下など、汗が出やすいところに多く見られます。

Sponsored Links

あせもの対処法は?

・汗をかいたら、濡れたタオルでふく
・まめに着替える
・暖房や衣類の調整

などがあります。
おうちにいる方ならすぐにシャワーなどで流してあげるといいでしょう。
石鹸は肌を守る皮脂まで洗い流してしまうので、一日一回までにしてください。

背中のあせもには、服と背中の間にガーゼなどを入れて、汗を吸収するようにするといいと思います。
寝ていることが多いので、汗が体に溜まらないように、通気性と吸収性の良い服を着せましょう。
着せる服の枚数は、大人より一枚少なくすることを意識するといいでしょう。

まだ病院に行くほどではないかな、という時は市販薬をつけてあげてもいいと思います。
いろんな薬を試しましたが、うちの子供に合っていた市販薬は「ヒフカA」でした。

ヒフカA 50mlは、天然成分のあんず抽出物を配合した、使いやすい液体タイプの皮膚の薬です。
お肌にやさしく、赤ちゃん、お年寄り、皮膚の敏感な方など幅広く使えます。
サラッとしたつけ心地で乾きも早く、べとつきませんが、塗った後は白くなります。
かゆみがすぐにおさまるようで、これを塗るとかきむしらなくなります。 
毎日、首の周りを白くさせて、元気に登園してました。

Sponsored Links

病院へ行く目安は?

赤ちゃんのあせものかゆみが続く場合や、「とびひ」になってしまった場合は、早めに皮膚科、あるいは小児科を受診しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です