ウイルスが気になる季節に。用途別除菌ハンドジェルの選び方。


水がなくても除菌ができるハンドジェル。
今は香り付きのものや、パッケージがかわいいものまで、たくさんあります。
でもたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか悩みますよね?!
今回は、用途に合わせた「ハンドジェル」の選び方を調べてみました。

Sponsored Links

除菌用ハンドジェルの選び方は?

殺菌効果を重視する

殺菌効果を重視する場合は、アルコール濃度表記のある商品を選びましょう。
幅広いウイルス(インフルエンザやノロウイルスなど)や細菌に対応させたいのであれば、
アルコール濃度が60%以上のもの
火気厳禁マークのついているもの
酸性アルコール消毒剤」を選ぶと良いでしょう。

手荒れが気になる人は保湿成分入りタイプ

除菌用ハンドジェルにはアルコールが含まれているので、手肌につけると手肌の水分も一緒に失われてしまいます。
手荒れが気になる人は、保湿成分が入ったハンドジェルを選ぶとよいでしょう。

自分の手肌の状態に合ったものを選ぶには、ハンドジェルの成分に注目してみることも大切です

携帯用やポンプ式などを用途に合わせて容器を選ぼう!

除菌用ハンドジェルには、様々なタイプの容器があります。
家庭や職場などで使う場合にはポンプタイプ
屋外や外出先で使いたい場合は携帯できる小さい容器のものやスプレータイプ、除菌シートなど、
使用用途に合わせて、ハンドジェルの容器を選ぶようにしましょう。

 

Sponsored Links

自分や家族に合った除菌ジェルを

今回、ご紹介した選び方のポイントも参考にして、細菌やウイルスから自分や家族を守るためにも、安心して使える除菌ジェルをぜひ探してみてくださいね!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です