【入学準備】もうすぐ一年生。失敗しないランドセルの選び方

【入学準備】もうすぐ一年生。失敗しないランドセルの選び方

もうすぐ一年生。
真っ先にどれにしようか悩むのが、ランドセル。

6年間使うものだから、デザインだけじゃなく、機能面にもこだわりたい。
ここでは、ランドセルの種類、選び方などを調べてみました。
参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

6年間使うから、軽くて丈夫な物を。

 

ランドセルは、
・コードバン(馬のお尻の皮・希少価値の高い皮で高級品)
・牛革
・人工皮革(クラリーノ)
の、いずれかで、作られています。

金額 丈夫さ 耐水性 その他の特徴
コードバン 高級感・使い込むほど味がでる
牛革 中~高 大量生産はしていないので早めに。
人工皮革 低~中 一番多く出ているタイプ

Sponsored Links

収納力(大きさ)は、できるだけあった方がいい!

 

1.2年の頃は、ランドセルが歩いているように見えますが、3年生にもなればランドセルの大きさは気にならなくなります。

さらに、5.6年生となれば、体が大きくなり、ランドセルの方が小さくなり、窮屈そうに見えます。

学年が上がるにつれて学習用具も増え、ランドセルに収まるかどうかギリギリのサイズの物も出てくると思います。

できるだけ、手荷物を減らそうと、ランドセルに詰め込むようになります。
できる限り容量が大きいものを選んであげてくださいね。

Sponsored Links

A4サイズには二種類あるので、注意!

 

教科書はもちろん、配布物なども「A4サイズ」のものが多くなりました。
現在、主なランドセルのサイズには、A4フラットファイルとA4クリアファイルがあります。
同じA4サイズですが、それぞれのファイルには違いがあります。

A4フラットファイル

横幅約23cm 厚紙、堅いファイル
よく使う、プリントをはさんだりする、紙ファイルのことです。

A4クリアファイル

横幅約22cm プラスチック製、透明の柔らかいクリアファイル
学校からのお手紙によく使われる、A用紙サイズです。

「A4フラットファイル」「A4クリアファイルは」横幅が1cmしか変わらないし、学年が上がるにつれて荷物も増えることから、「A4フラットファイル」サイズのランドセルをお勧めします。

Sponsored Links

雑な扱いに耐えられる丈夫さ

 

値段ももちろん大切ですが、何よりも子どもの扱いに耐え、壊れずに6年間使えることが大切です。

耐久性に優れかつ水に強く軽いため、子どもの扱いを考えるとクラリーノがオススメです。
雑に扱いますもんね、子供は。

Sponsored Links

「素材や丈夫さ・収納力」は親が決めてもいい

 

「素材や丈夫さ」・「A4サイズや収納力」・どこで買うか、などのこだわりは親のほうがあるでしょうから、その点は親が選んでしまえばいいと思います。

親は、汚れが目立たない色や、女の子なら華やかな色、などにしたくなりますが、ここは子供に色とデザインは選ばせてあげましょう。

ただ、

1年から6年まで、使わなければいけない事。
どんなに途中でイヤになっても買い換えられない事。

子どもによく言い聞かせてから、選ばせましょう。

キャラクターものは、小物で対応しよう

 

キャラクターもの、子供は好きなのですが、キャラクター物は避けた方が無難です。

今は好きでも、大きくなると恥ずかしさや興味がなくなったりもすることもあります。

キャラクターものは、鉛筆や消しゴム、筆箱などの小物で対応してあげるといいでしょう。

親子で後悔のないランドセル選びを

 

子どもは、ランドセルを背負って学校を楽しみに。

親は、子供が初めてランドセルを背負い、学校に向かう姿は、心に残る思い出になります。

その為にも、親子で後悔のないランドセル選びをしたいものですね!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です