あちゃ~失敗した!とならないように。報告の順番は間違えないで。

会社

Sponsored Links

妊娠報告は安定期に入る4か月頃に。

妊娠初期は、流産の可能性も少なからずあります。
もし、残念な結果になった場合、妊娠報告後だと、周りの上司や同僚も、どんな言葉をかけたらいいのか困ってしまいますし、自分もそんな気持ちを察して、少し居づらいような重々しい空気が流れてしまいます。
妊娠の報告は、妊娠が落ちついた頃、安定した頃(4ヶ月頃)に、報告するようにしましょう。

Sponsored Links

妊娠報告は職場の上司から。

まず、職場の上司から、妊娠の報告、これからの事を相談しておきましょう。
同僚に言いたいでしょうが、まずここは上司に報告してください。
仲が良く、口の堅い同僚ならかまいませんが、上司に報告する前に、上司の耳に入ってしまうと大変です。本人から聞くのと、周りのうわさから耳に入るのとでは、ぜんぜん違います。
上司には「体調や検診などで迷惑をかけるかもしれない事」なども伝え、出産後も仕事を続けたい事場合は、はっきりと意思表示しておいた方がいいと思います。

Sponsored Links

上司に報告したら同僚への報告。

なにも言わずに急に休んだり、体調が悪く早退、などしていると、やはりいろいろと嫌味を言ってくる人もいるかもしれません。
仕事仲間にも、妊娠を報告しつつ「これから迷惑をかけるかもしれない」と伝えた方が、職場にも居やすいでしょうし、協力もしてもらいやすくなると思います。
多くの人に協力・理解してもらう事が仕事を続ける為には大切だと思います。
くれぐれも、報告の順番は間違えないようにしてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です