あなたが倒れたら家族が困る!おうちで「人間ドック」

少し力を抜いて周りに頼ってもいい!快適に働くために注意したいこと

2019 5/27
少し力を抜いて周りに頼ってもいい!快適に働くために注意したいこと

がんばりやさんの働くプレママは、

「仕事だから」
「甘えていると思われたくない」
「疲れていてもがんばらなくっちゃ!」

とムリをしがちです。

でもちょっと待って!

そんなに人に頼るのってダメですか?

調子の悪い時ぐらい周りの人に助けてもらってもいいじゃないですか!

妊娠しているんだから甘えて当然!という態度はいけませんが、本当につらいときは、少し力を抜いて周りに頼ってみる事も大事だと思います。

目次

ムリは禁物!快適に働くために注意したいこと

 

デスクワークの人はときどき体を動かす

同じ姿勢で仕事を続けると、おなかが張ったり腰痛の原因になるといったことがあります。

休憩の時やトイレに行くときなどに、少し身体を動かすようにしましょう。

立ち仕事や夜勤のある仕事など、身体に負担のある仕事は避ける

妊娠中の立ち仕事や夜勤のある仕事は、ムリがいきやすくおなかが張ったりする原因となります。

デスクワーク中心の仕事に切り替えてもらったり、例えば立ち仕事の分量を減らしてもらったり、残業は無しにしてもらうなど、負担の少ない仕事へ配置転換してもらうように相談してみましょう。

あわせて読みたい
今の業務がつらい時は「職場の配置転換」で乗り切ろう。
今の業務がつらい時は「職場の配置転換」で乗り切ろう。前は男性ばかりだった職場にも、女性がどんどん入っていき、今では女性が仕事も種類が多く、幅広く活躍の場が増えてきています。しかし、妊娠となるとそうもいきません...

仕事中におなかが張ったら休む

おなかが大きくなると、ちょっと疲れただけでおなかが張ってきます。

ムリはせず、同僚に協力を仰ぎ、休むようにしましょう。

切迫流産などの危険もあるので、絶対にムリしないようにしましょう。

冷えに注意

体が冷えると、おなかが張ったり風邪をひきやすくなったりします。

冬の寒いのはもちろんですが、夏のエアコンには特に要注意。

職場にカーディガンやひざ掛け、ソックスなどを置いておき、調整するようにしましょう。

仕事を家に持ち帰ってするのもやめましょう。

がんばらなくちゃ、迷惑かけたらいけないとがんばるあまり、仕事を家に持って帰ってしようとする人がいますが、それはやめましょう。

ムリをしすぎるのはもちろんのこと、もし持ち帰って次の日休むようになれば、そこで仕事はストップしてしまいます。

同僚にお願いしたりして、自分しかできないもの以外の所をやってもらうなどしてもらうと、仕事はストップすることはありません。

仕事の期限などがある場合、体調が悪くて休んだりした場合の事も考え、妊娠する前より余分に日数をとるようにしましょう。

 

「迷惑をかけている」と必要以上に思わないで!

 

同僚にも悪いな、という気持ちでいっぱいになるのはわかります。

ですが、必要以上に思ってしまうとムリをしたり、仕事を持ち帰ってしたりしてしまいます。

「妊娠をしているからやってくれて当然」という態度はいけませんが、感謝の気持ちを忘れずいたいものです。

同僚が自分のように「働くママ」になろうとしている時に、自分がつらかった事を変わりにしてあげてください。

やってもらってうれしかった事をやってあげてください。

きっとあなたしかできない「協力」ができると思います。

 

目次